EN
  • information Sep 29, 19 日本の伝統をレース編機で read more close

    刺し子は、明治から昭和初期まだ貧しかった頃の日本で、破れたり薄破れになった衣服を裏から当て布をして補修を行ったり、保温性や耐久性を上げる意味で厚く重ねた布を縫い合わせる際、縫い合わせるその糸で独自の文様を描くこともあり、その縫い方や文様で地域性を表現していました。

    andante.が独自で開発した生地 “刺し子レース” はそんな日本文化からヒントをもらい、レース編機で作り上げました。
    20A/Wマーケットで好評を得たら、更にパターン、独自の糸選択、日本各地の特徴ある加工を施し、バリエーションを設け現代的な刺し子を開発できたらと考えています。

  • information Sep 02, 19 コーデュロイレース商品化 read more close

    ファクトリエさんから、弊社生地ブランドandante.の開発生地を使ったコーデュロイレーススカートが本日より発売になりました。https://factelier.com/products/detail.php?product_id=13744

    コーデュロイ素材でありながらレース機で編立られたことにより “厚ぼったくない” ことが、モデルさんの足元の生地の透け感から想像できます。また高い技術のスカート専門縫製ファクトリー『DEAI』さんによるフレアー状に優しいドレープの効いたフォルムがとても素敵です。

    他にもシャープなシームポケットや、こだわりの糸使いなど日本のモノづくりの原点であるアイディアやこだわりが詰まった商品です。

    またandante.開発生地による商品化ファーストモデルを、ファクトリエさんのお力添えを頂き、こうして発表出来る事を作り手として、大変喜ばしく感じます。